po: sync base translations
[project/luci.git] / po / ja / base.po
index f17c042..f54f363 100644 (file)
@@ -6,10 +6,10 @@ msgstr ""
 "PO-Revision-Date: 2011-11-05 16:22+0200\n"
 "Last-Translator: Kentaro <kentaro.matsuyama@gmail.com>\n"
 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
-"Language: ja\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+"Language: ja\n"
 "Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
 "X-Generator: Pootle 2.0.4\n"
 
@@ -85,7 +85,8 @@ msgid "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-Address"
 msgstr "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-アドレス"
 
 msgid "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-Broadcast"
-msgstr "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-ブロードキャスト"
+msgstr ""
+"<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-ブロードキャスト"
 
 msgid "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-Gateway"
 msgstr "<abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-ゲートウェイ"
@@ -100,7 +101,8 @@ msgid ""
 "<abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-Address or Network "
 "(CIDR)"
 msgstr ""
-"<abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-アドレス又はネットワーク (CIDR)"
+"<abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-アドレス又はネット"
+"ワーク (CIDR)"
 
 msgid "<abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-Gateway"
 msgstr "<abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-ゲートウェイ"
@@ -180,10 +182,12 @@ msgid "Activate this network"
 msgstr "このネットワークを有効にする"
 
 msgid "Active <abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-Routes"
-msgstr "稼働中の <abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-経路情報"
+msgstr ""
+"稼働中の <abbr title=\"Internet Protocol Version 4\">IPv4</abbr>-経路情報"
 
 msgid "Active <abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-Routes"
-msgstr "稼働中の <abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-経路情報"
+msgstr ""
+"稼働中の <abbr title=\"Internet Protocol Version 6\">IPv6</abbr>-経路情報"
 
 msgid "Active Connections"
 msgstr "アクティブコネクション"
@@ -264,6 +268,9 @@ msgstr "アンテナ 1"
 msgid "Antenna 2"
 msgstr "アンテナ 2"
 
+msgid "Any zone"
+msgstr ""
+
 msgid "Apply"
 msgstr "適用"
 
@@ -332,7 +339,8 @@ msgid ""
 "configuration files marked by opkg, essential base files and the user "
 "defined backup patterns."
 msgstr ""
-"以下はバックアップの際に含まれるファイルのリストです。このリストは、opkgによって認識されている設定ファイルや重要なベースファイルとユーザーが設定した"
+"以下はバックアップの際に含まれるファイルのリストです。このリストは、opkgに"
+"よって認識されている設定ファイルや重要なベースファイルとユーザーが設定した"
 "バックアップパターンによって構成されています。"
 
 msgid "Bit Rate"
@@ -341,6 +349,9 @@ msgstr "ビットレート"
 msgid "Bitrate"
 msgstr "ビットレート"
 
+msgid "Bogus NX Domain Override"
+msgstr ""
+
 msgid "Bridge"
 msgstr "ブリッジ"
 
@@ -412,13 +423,17 @@ msgstr ""
 "ない</em>を選択すると、設定済みのネットワークを削除します。また、<em>作成</"
 "em>フィールドにネットワーク名を入力すると、新しくネットワークを設定します。"
 
+msgid "Cipher"
+msgstr ""
+
 msgid ""
 "Click \"Generate archive\" to download a tar archive of the current "
 "configuration files. To reset the firmware to its initial state, click "
 "\"Perform reset\" (only possible with squashfs images)."
 msgstr ""
-"\"バックアップアーカイブの作成\"をクリックすると、現在の設定ファイルをtar形式のアーカイブでダウンロードします。設定のリセットを行う場合、\"設定リセッ"
-"ト\"をクリックしてください。(ただし、squashfsをお使いの場合のみ、使用可能です)"
+"\"バックアップアーカイブの作成\"をクリックすると、現在の設定ファイルをtar形式"
+"のアーカイブでダウンロードします。設定のリセットを行う場合、\"設定リセット"
+"\"をクリックしてください。(ただし、squashfsをお使いの場合のみ、使用可能です)"
 
 msgid "Client"
 msgstr "クライアント"
@@ -429,7 +444,9 @@ msgstr "DHCPリクエスト時に送信するクライアントID"
 msgid ""
 "Close inactive connection after the given amount of seconds, use 0 to "
 "persist connection"
-msgstr "設定した秒数後に、使用していない接続を閉じます。0を設定した場合、接続を持続します"
+msgstr ""
+"設定した秒数後に、使用していない接続を閉じます。0を設定した場合、接続を持続"
+"します"
 
 msgid "Close list..."
 msgstr "リストを閉じる"
@@ -512,15 +529,9 @@ msgstr "重大"
 msgid "Cron Log Level"
 msgstr "Cronのログ出力レベル"
 
-msgid "Custom Files"
-msgstr "手動で指定したファイル"
-
 msgid "Custom Interface"
 msgstr "新しいインターフェース"
 
-msgid "Custom files"
-msgstr "手動指定ファイル"
-
 msgid ""
 "Customizes the behaviour of the device <abbr title=\"Light Emitting Diode"
 "\">LED</abbr>s if possible."
@@ -590,12 +601,6 @@ msgstr "デザイン"
 msgid "Destination"
 msgstr "宛先"
 
-msgid "Detected Files"
-msgstr "検出されたファイル"
-
-msgid "Detected files"
-msgstr "検出されたファイル"
-
 msgid "Device"
 msgstr "デバイス"
 
@@ -815,9 +820,6 @@ msgstr "ファイル"
 msgid "Filename of the boot image advertised to clients"
 msgstr "クライアントに通知するブートイメージのファイル名"
 
-msgid "Files to be kept when flashing a new firmware"
-msgstr "新しいファームウェアを書き込んだ時に維持するファイル"
-
 msgid "Filesystem"
 msgstr "ファイルシステム"
 
@@ -875,10 +877,19 @@ msgstr "更新中..."
 msgid "Force"
 msgstr "強制"
 
+msgid "Force CCMP (AES)"
+msgstr ""
+
 msgid "Force DHCP on this network even if another server is detected."
 msgstr ""
 "別のDHCPサーバーが検出された場合でも、このDHCPサーバーを強制的に使用します。"
 
+msgid "Force TKIP"
+msgstr ""
+
+msgid "Force TKIP and CCMP (AES)"
+msgstr ""
+
 msgid "Forward DHCP traffic"
 msgstr "DHCPトラフィックを転送する"
 
@@ -909,9 +920,6 @@ msgstr "ゲートウェイ"
 msgid "Gateway ports"
 msgstr "ゲートウェイ・ポート"
 
-msgid "General"
-msgstr "一般"
-
 msgid "General Settings"
 msgstr "一般設定"
 
@@ -954,13 +962,6 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "このページではホスト名やタイムゾーンなどの基本的な設定を行うことが出来ます。"
 
-msgid ""
-"Here you can customize the settings and the functionality of <abbr title="
-"\"Lua Configuration Interface\">LuCI</abbr>."
-msgstr ""
-"このページでは<abbr title=\"Lua Configuration Interface\">LuCI</abbr> の機能"
-"と設定をカスタマイズ出来ます。"
-
 msgid ""
 "Here you can paste public SSH-Keys (one per line) for SSH public-key "
 "authentication."
@@ -1168,7 +1169,9 @@ msgstr "ユーザー名とパスワードが不正です! もう一度入力し
 msgid ""
 "It appears that you try to flash an image that does not fit into the flash "
 "memory, please verify the image file!"
-msgstr "あなたが更新しようとしたイメージファイルはこのフラッシュメモリに適合しません。もう一度イメージファイルを確認してください!"
+msgstr ""
+"あなたが更新しようとしたイメージファイルはこのフラッシュメモリに適合しませ"
+"ん。もう一度イメージファイルを確認してください!"
 
 msgid "Java Script required!"
 msgstr "JavaScriptを有効にしてください!"
@@ -1251,11 +1254,16 @@ msgstr "リンクオン"
 msgid ""
 "List of <abbr title=\"Domain Name System\">DNS</abbr> servers to forward "
 "requests to"
-msgstr "問い合わせを転送する<abbr title=\"Domain Name System\">DNS</abbr> サーバーのリストを設定します"
+msgstr ""
+"問い合わせを転送する<abbr title=\"Domain Name System\">DNS</abbr> サーバーの"
+"リストを設定します"
 
 msgid "List of domains to allow RFC1918 responses for"
 msgstr "RFC1918の応答を許可するリスト"
 
+msgid "List of hosts that supply bogus NX domain results"
+msgstr ""
+
 msgid "Listen only on the given interface or, if unspecified, on all"
 msgstr ""
 "指定したインターフェースでのみアクセスを有効にします。設定しない場合はすべて"
@@ -1326,7 +1334,8 @@ msgid "Logout"
 msgstr "ログアウト"
 
 msgid "Lowest leased address as offset from the network address."
-msgstr "ネットワークアドレスをオフセットとして、最小のアドレスを設定してください"
+msgstr ""
+"ネットワークアドレスをオフセットとして、最小のアドレスを設定してください"
 
 msgid "MAC"
 msgstr "MAC"
@@ -1682,6 +1691,9 @@ msgstr "パスワードを変更しました"
 msgid "Path to CA-Certificate"
 msgstr "CA証明書のパス"
 
+msgid "Path to Client-Certificate"
+msgstr ""
+
 msgid "Path to Private Key"
 msgstr "秘密鍵のパス"
 
@@ -1724,16 +1736,15 @@ msgstr "ポート %d"
 msgid "Port %d is untagged in multiple VLANs!"
 msgstr ""
 
-msgid "Post-commit actions"
-msgstr "Post-commit actions"
-
 msgid "Power"
 msgstr "出力"
 
 msgid ""
 "Presume peer to be dead after given amount of LCP echo failures, use 0 to "
 "ignore failures"
-msgstr "設定数のLCP echo確認失敗後、ピアノードがダウンしているものと見なします。0を設定した場合、失敗を無視します"
+msgstr ""
+"設定数のLCP echo確認失敗後、ピアノードがダウンしているものと見なします。0を設"
+"定した場合、失敗を無視します"
 
 msgid "Prevents client-to-client communication"
 msgstr "クライアント同士の通信を制限します"
@@ -1822,7 +1833,8 @@ msgid ""
 "You might lose access to this router if you are connected via this interface."
 msgstr ""
 "本当にインターフェース \"%s\" を削除しますか?\n"
-"このインターフェースを介してルーターにアクセスしている場合、ルーターに接続できなくなる可能性があります。"
+"このインターフェースを介してルーターにアクセスしている場合、ルーターに接続で"
+"きなくなる可能性があります。"
 
 msgid ""
 "Really shutdown network ?\n"
@@ -2010,7 +2022,9 @@ msgstr "詳細情報は \"mount\" のmanページを参照してください"
 msgid ""
 "Send LCP echo requests at the given interval in seconds, only effective in "
 "conjunction with failure threshold"
-msgstr "設定された秒間隔でLCP echoリクエストを送信します。失敗数しきい値の設定と組み合わせた場合のみ効果的です。"
+msgstr ""
+"設定された秒間隔でLCP echoリクエストを送信します。失敗数しきい値の設定と組み"
+"合わせた場合のみ効果的です。"
 
 msgid "Send router solicitations"
 msgstr "ルータ要請を送信する"
@@ -2036,6 +2050,9 @@ msgstr "サービス"
 msgid "Setup DHCP Server"
 msgstr "DHCPサーバーを設定"
 
+msgid "Setup Time Synchronization"
+msgstr ""
+
 msgid "Show current backup file list"
 msgstr "現在のバックアップファイルのリストを表示する"
 
@@ -2077,8 +2094,9 @@ msgid ""
 "flashed manually. Please refer to the OpenWrt wiki for device specific "
 "install instructions."
 msgstr ""
-"申し訳ありません。現在このボードではsysupgradeがサポートがされていないため、ファームウェア更新は手動で行っていただく必要があります。OpenW"
-"rt wikiを参照して、デバイス固有のインストール手順を参照してください。"
+"申し訳ありません。現在このボードではsysupgradeがサポートがされていないため、"
+"ファームウェア更新は手動で行っていただく必要があります。OpenWrt wikiを参照し"
+"て、デバイス固有のインストール手順を参照してください。"
 
 msgid "Sort"
 msgstr "ソート"
@@ -2233,8 +2251,8 @@ msgid ""
 "The <em>libiwinfo-lua</em> package is not installed. You must install this "
 "component for working wireless configuration!"
 msgstr ""
-"<em>libiwinfo-lua</em>パッケージがインストールされていません。無線設定機能を正し"
-"く動作させるために、このパッケージをインストールする必要があります。"
+"<em>libiwinfo-lua</em>パッケージがインストールされていません。無線設定機能を"
+"正しく動作させるために、このパッケージをインストールする必要があります。"
 
 msgid ""
 "The allowed characters are: <code>A-Z</code>, <code>a-z</code>, <code>0-9</"
@@ -2255,8 +2273,9 @@ msgid ""
 "\">e.g.</abbr> <samp><abbr title=\"Third Extended Filesystem\">ext3</abbr></"
 "samp>)"
 msgstr ""
-"記憶領域をフォーマットしているファイルシステムを指定します。(<abbr title=\"for example\">例</abbr> "
-"<samp><abbr title=\"Third Extended Filesystem\">ext3</abbr></samp>)"
+"記憶領域をフォーマットしているファイルシステムを指定します。(<abbr title="
+"\"for example\">例</abbr> <samp><abbr title=\"Third Extended Filesystem"
+"\">ext3</abbr></samp>)"
 
 msgid ""
 "The flash image was uploaded. Below is the checksum and file size listed, "
@@ -2273,13 +2292,6 @@ msgstr "以下の変更が適用されました"
 msgid "The following changes have been reverted"
 msgstr "以下の変更が取り消されました"
 
-msgid ""
-"The following files are detected by the system and will be kept "
-"automatically during sysupgrade"
-msgstr ""
-"以下のファイルがシステムによって検出されました。これらのファイルはファーム"
-"ウェア更新時に自動的に保存されます。"
-
 msgid "The following rules are currently active on this system."
 msgstr "本システムでは、現在以下のルールが有効になっています。"
 
@@ -2330,8 +2342,9 @@ msgid ""
 "The uploaded image file does not contain a supported format. Make sure that "
 "you choose the generic image format for your platform."
 msgstr ""
-"アップロードされたイメージファイルは、このボードでサポートされているフォーマットではありません。あなたのプラットフォームに適合したイメージファイルかどう"
-"か、確認してください。"
+"アップロードされたイメージファイルは、このボードでサポートされているフォー"
+"マットではありません。あなたのプラットフォームに適合したイメージファイルかど"
+"うか、確認してください。"
 
 msgid "There are no active leases."
 msgstr "リース中のIPアドレスはありません。"
@@ -2348,7 +2361,9 @@ msgstr "未完了の変更はありません!"
 msgid ""
 "There is no device assigned yet, please attach a network device in the "
 "\"Physical Settings\" tab"
-msgstr "デバイスが設定されていません。\"デバイス設定\"タブで、ネットワークデバイスを選択してください。"
+msgstr ""
+"デバイスが設定されていません。\"デバイス設定\"タブで、ネットワークデバイスを"
+"選択してください。"
 
 msgid ""
 "There is no password set on this router. Please configure a root password to "
@@ -2357,43 +2372,33 @@ msgstr ""
 "ルーターにパスワードが設定されていません。Webインターフェースの保護及びSSH"
 "サービスを有効にするために管理者パスワードを設定してください。"
 
-msgid ""
-"These commands will be executed automatically when a given <abbr title="
-"\"Unified Configuration Interface\">UCI</abbr> configuration is committed "
-"allowing changes to be applied instantly."
-msgstr ""
-"これらのコマンドはコミットされた <abbr title=\"Unified Configuration "
-"Interface\">UCI</abbr>設定の変更を即座に適応する為に、自動的に実行されます。"
-
-msgid ""
-"This is a list of shell glob patterns for matching files and directories to "
-"include during sysupgrade"
-msgstr ""
-"This is a list of shell glob patterns for matching files and directories to "
-"include during sysupgrade"
-
 msgid ""
 "This is a list of shell glob patterns for matching files and directories to "
 "include during sysupgrade. Modified files in /etc/config/ and certain other "
 "configurations are automatically preserved."
 msgstr ""
-"以下は、sysupgrade中にバックアップ対象に含めるファイルとディレクトリのパターンリストです。/etc/config/内の設定ファイル及びその他特"
-"定の設定ファイルは自動的に保持されます。"
+"以下は、sysupgrade中にバックアップ対象に含めるファイルとディレクトリのパター"
+"ンリストです。/etc/config/内の設定ファイル及びその他特定の設定ファイルは自動"
+"的に保持されます。"
 
 msgid "This is the 32 byte hex encoded user ID, not the login name"
-msgstr "ログイン名ではなく、32バイト、16進数でエンコードされたユーザーIDを設定してください"
+msgstr ""
+"ログイン名ではなく、32バイト、16進数でエンコードされたユーザーIDを設定してく"
+"ださい"
 
 msgid ""
 "This is the content of /etc/rc.local. Insert your own commands here (in "
 "front of 'exit 0') to execute them at the end of the boot process."
 msgstr ""
-"/etc/rc.localを表示しています。あなたの実行したいコマンドを'exit "
-"0'の前に入力してください。これらのコマンドはブートプロセスの最後に実行されます。"
+"/etc/rc.localを表示しています。あなたの実行したいコマンドを'exit 0'の前に入力"
+"してください。これらのコマンドはブートプロセスの最後に実行されます。"
 
 msgid ""
 "This is the local endpoint address assigned by the tunnel broker, it usually "
 "ends with <code>:2</code>"
-msgstr "トンネル業者からアサインされた、ローカルのエンドポイント・アドレスです。通常、<code>:2</code>が終端にきます。"
+msgstr ""
+"トンネル業者からアサインされた、ローカルのエンドポイント・アドレスです。通"
+"常、<code>:2</code>が終端にきます。"
 
 msgid ""
 "This is the only <abbr title=\"Dynamic Host Configuration Protocol\">DHCP</"
@@ -2430,13 +2435,18 @@ msgstr "このセクションはまだ設定されていません。"
 msgid "Time Synchronization"
 msgstr "時刻設定"
 
+msgid "Time Synchronization is not configured yet."
+msgstr ""
+
 msgid "Timezone"
 msgstr "タイムゾーン"
 
 msgid ""
 "To restore configuration files, you can upload a previously generated backup "
 "archive here."
-msgstr "設定を復元するには、作成しておいたバックアップアーカイブをアップロードしてください。"
+msgstr ""
+"設定を復元するには、作成しておいたバックアップアーカイブをアップロードしてく"
+"ださい。"
 
 msgid "Total Available"
 msgstr "合計"
@@ -2515,8 +2525,10 @@ msgid ""
 "Check \"Keep settings\" to retain the current configuration (requires an "
 "OpenWrt compatible firmware image)."
 msgstr ""
-"使用中のファームウェアをアップデートするために、sysupgrade機能に互換性のあるファームウェアイメージをアップロードしてください。\"設定の保持\"を"
-"有効にすると、現在の設定を維持してアップデートを行います。ただし、OpenWrt互換のファームウェアイメージの場合のみ設定されます。"
+"使用中のファームウェアをアップデートするために、sysupgrade機能に互換性のある"
+"ファームウェアイメージをアップロードしてください。\"設定の保持\"を有効にする"
+"と、現在の設定を維持してアップデートを行います。ただし、OpenWrt互換のファーム"
+"ウェアイメージの場合のみ設定されます。"
 
 msgid "Upload archive..."
 msgstr "アーカイブをアップロード"
@@ -2648,9 +2660,6 @@ msgstr "警告"
 msgid "Warning: There are unsaved changes that will be lost while rebooting!"
 msgstr "警告: 保存されていない変更は再起動後に失われます!"
 
-msgid "Web <abbr title=\"User Interface\">UI</abbr>"
-msgstr "Web <abbr title=\"User Interface\">UI</abbr>"
-
 msgid "Wifi"
 msgstr "無線LAN"
 
@@ -2735,12 +2744,18 @@ msgstr ""
 "<abbr title=\"Dynamic Host Configuration Protocol\">DHCP</abbr>リース情報を記"
 "録するファイル"
 
+msgid "forward"
+msgstr ""
+
 msgid "help"
 msgstr "ヘルプ"
 
 msgid "if target is a network"
 msgstr "ターゲットがネットワークの場合"
 
+msgid "input"
+msgstr ""
+
 msgid "local <abbr title=\"Domain Name System\">DNS</abbr> file"
 msgstr "ローカル <abbr title=\"Domain Name System\">DNS</abbr>ファイル"
 
@@ -2780,6 +2795,60 @@ msgstr "はい"
 msgid "« Back"
 msgstr "« 戻る"
 
+#~ msgid "Custom Files"
+#~ msgstr "手動で指定したファイル"
+
+#~ msgid "Custom files"
+#~ msgstr "手動指定ファイル"
+
+#~ msgid "Detected Files"
+#~ msgstr "検出されたファイル"
+
+#~ msgid "Detected files"
+#~ msgstr "検出されたファイル"
+
+#~ msgid "Files to be kept when flashing a new firmware"
+#~ msgstr "新しいファームウェアを書き込んだ時に維持するファイル"
+
+#~ msgid "General"
+#~ msgstr "一般"
+
+#~ msgid ""
+#~ "Here you can customize the settings and the functionality of <abbr title="
+#~ "\"Lua Configuration Interface\">LuCI</abbr>."
+#~ msgstr ""
+#~ "このページでは<abbr title=\"Lua Configuration Interface\">LuCI</abbr> の機"
+#~ "能と設定をカスタマイズ出来ます。"
+
+#~ msgid "Post-commit actions"
+#~ msgstr "Post-commit actions"
+
+#~ msgid ""
+#~ "The following files are detected by the system and will be kept "
+#~ "automatically during sysupgrade"
+#~ msgstr ""
+#~ "以下のファイルがシステムによって検出されました。これらのファイルはファーム"
+#~ "ウェア更新時に自動的に保存されます。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "These commands will be executed automatically when a given <abbr title="
+#~ "\"Unified Configuration Interface\">UCI</abbr> configuration is committed "
+#~ "allowing changes to be applied instantly."
+#~ msgstr ""
+#~ "これらのコマンドはコミットされた <abbr title=\"Unified Configuration "
+#~ "Interface\">UCI</abbr>設定の変更を即座に適応する為に、自動的に実行されま"
+#~ "す。"
+
+#~ msgid ""
+#~ "This is a list of shell glob patterns for matching files and directories "
+#~ "to include during sysupgrade"
+#~ msgstr ""
+#~ "This is a list of shell glob patterns for matching files and directories "
+#~ "to include during sysupgrade"
+
+#~ msgid "Web <abbr title=\"User Interface\">UI</abbr>"
+#~ msgstr "Web <abbr title=\"User Interface\">UI</abbr>"
+
 #~ msgid "<abbr title=\"Point-to-Point Tunneling Protocol\">PPTP</abbr>-Server"
 #~ msgstr "<abbr title=\"Hypertext Transfer Protocol\">PPTP</abbr>-サーバー"