po: add translations for "watchcat"
[project/luci.git] / po / ja / olsr.po
index 88d808e..47a2da3 100644 (file)
@@ -1,82 +1,85 @@
-#, fuzzy
 msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
 "POT-Creation-Date: 2009-05-19 19:36+0200\n"
-"PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
-"Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-03-18 07:10+0200\n"
+"Last-Translator: Kentaro <kentaro.matsuyama@gmail.com>\n"
 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
-"Language: \n"
+"Language: ja\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
-"X-Generator: Translate Toolkit 1.1.1\n"
+"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
+"X-Generator: Pootle 2.0.4\n"
 
 msgid "Active MID announcements"
-msgstr ""
+msgstr "アクティブなMID(Multi Interface Declaration) 通知"
 
 msgid "Active OLSR nodes"
-msgstr ""
+msgstr "アクティブなOLSRノード"
 
 msgid "Active host net announcements"
-msgstr ""
+msgstr "アクティブなホストネットワーク通知"
 
 msgid "Advanced Settings"
-msgstr ""
+msgstr "詳細設定"
 
 msgid "Allow gateways with NAT"
-msgstr ""
+msgstr "NATを使用するゲートウェイを選択可能にする"
 
 msgid "Allow the selection of an outgoing ipv4 gateway with NAT"
-msgstr ""
+msgstr "NATを介してパケットを送信するIPv4 ゲートウェイを選択可能にします"
 
 msgid "Announce uplink"
-msgstr ""
+msgstr "通知するアップリンク"
 
 msgid "Announced network"
-msgstr ""
+msgstr "通知ネットワーク"
+
+msgid "Both values must use the dotted decimal notation."
+msgstr "どちらの値もドット付き十進数の形式で入力してください。"
 
 msgid "Broadcast address"
-msgstr ""
+msgstr "ブロードキャストアドレス"
 
 msgid "Configuration"
-msgstr ""
+msgstr "設定"
 
 msgid "Device"
-msgstr ""
+msgstr "デバイス"
 
 msgid "Display"
-msgstr ""
+msgstr "ディスプレイ"
 
 msgid "Downlink"
-msgstr ""
+msgstr "ダウンリンク"
 
 msgid "Download Config"
-msgstr ""
+msgstr "設定ダウンロード"
 
 msgid "ETX"
-msgstr ""
+msgstr "ETX"
 
 msgid "Enable"
-msgstr ""
+msgstr "有効"
 
 msgid ""
 "Enable SmartGateway. If it is disabled, then all other SmartGateway "
 "parameters are ignored. Default is \"no\"."
-msgstr ""
+msgstr "スマートゲートウェイを有効にします。無効の場合、その他全てのスマートゲートウェイの設定値は無視されます。標準設定は\"無効\"です。"
 
 msgid "Enable this interface."
-msgstr ""
+msgstr "このインターフェースを有効にします。"
 
 msgid "Enabled"
-msgstr ""
+msgstr "有効"
 
 msgid "Expected retransmission count"
-msgstr ""
+msgstr "再送数の期待値"
 
 msgid "FIB metric"
-msgstr ""
+msgstr "FIB メトリック"
 
 msgid ""
 "FIBMetric controls the metric value of the host-routes OLSRd sets. \"flat\" "
@@ -86,102 +89,121 @@ msgid ""
 "value too, but does only update the hopcount if the nexthop changes too. "
 "Default is \"flat\"."
 msgstr ""
+"FIB メトリックは、OLSRdが設定するホスト経路のメトリック値をコントロールします。\"flat\"を選択した場合、メトリック値は常に\"2\"となります。"
+"この設定は、Linuxカーネルが古い経路を消去するのに有効なため、好ましい設定です。\"correct\"はホップ数をメトリック値として使用します。\"app"
+"rox\"も同様にホップ数をメトリック値として使用しますが、次ホップが変更した場合のみ更新を行います。標準設定は\"flat\"です。"
 
 msgid "Fisheye mechanism for TCs (checked means on). Default is \"on\""
-msgstr ""
+msgstr "TCsのfisheyeメカニズムを使用します。標準設定は\"有効\"です。"
 
 msgid "Gateway"
-msgstr ""
+msgstr "ゲートウェイ"
 
 msgid "General Settings"
-msgstr ""
+msgstr "一般設定"
 
 msgid "General settings"
-msgstr ""
+msgstr "一般設定"
 
 msgid "HNA"
-msgstr ""
+msgstr "HNA"
 
 msgid "HNA Announcements"
-msgstr ""
+msgstr "HNA 通知"
 
 msgid "HNA interval"
-msgstr ""
+msgstr "HNA 送信間隔"
 
 msgid "HNA validity time"
-msgstr ""
+msgstr "HNA 有効時間"
 
 msgid "Hello"
-msgstr ""
+msgstr "Hello"
 
 msgid "Hello interval"
-msgstr ""
+msgstr "Hello 送信間隔"
 
 msgid "Hello validity time"
-msgstr ""
+msgstr "Hello 有効時間"
+
+msgid "Hna4"
+msgstr "Hna4"
+
+msgid "Hna6"
+msgstr "Hna6"
 
 msgid "Hops"
-msgstr ""
+msgstr "ホップ"
 
 msgid "Hostname"
-msgstr ""
+msgstr "ホスト名"
 
 msgid ""
 "Hysteresis for link sensing (only for hopcount metric). Hysteresis adds more "
 "robustness to the link sensing but delays neighbor registration. Defaults is "
 "\"yes\""
 msgstr ""
+"リンク検出に対するヒステリシスを設定します (ホップ数メトリックの場合のみ有効)。ヒステリシスはリンク検出に対するロバスト性を向上させますが、隣接ノード"
+"の登録が遅くなります。標準設定は\"有効\"です。"
 
 msgid "IP Addresses"
-msgstr ""
+msgstr "IPアドレス"
 
 msgid ""
 "IP-version to use. If 6and4 is selected then one olsrd instance is started "
 "for each protocol."
-msgstr ""
+msgstr "使用するIPプロトコルバージョンを指定します。6and4が選択された場合、各プロトコルに対して1つづつOLSRdインスタンスが起動します。"
 
 msgid "IPv4"
-msgstr ""
+msgstr "IPv4"
 
 msgid "IPv4 broadcast"
-msgstr ""
+msgstr "IPv4 ブロードキャスト"
 
 msgid ""
 "IPv4 broadcast address for outgoing OLSR packets. One useful example would "
 "be 255.255.255.255. Default is \"0.0.0.0\", which triggers the usage of the "
 "interface broadcast IP."
 msgstr ""
+"送信するOLSRパケットのIPv4ブロードキャストアドレスです。便利な一例として、255.255.255.255が挙げられます。標準設定は\"0.0.0."
+"0\"であり、インターフェースのブロードキャストIPを使用します。"
 
 msgid "IPv4 source"
-msgstr ""
+msgstr "IPv4 送信元"
 
 msgid ""
 "IPv4 src address for outgoing OLSR packages. Default is \"0.0.0.0\", which "
 "triggers usage of the interface IP."
-msgstr ""
+msgstr "送信するOLSRパケットのIPv4送信元アドレスです。標準設定は\"0.0.0.0\"であり、インターフェースのIPを使用します。"
 
 msgid "IPv6"
-msgstr ""
+msgstr "IPv6"
 
 msgid "IPv6 multicast"
-msgstr ""
+msgstr "IPv6 マルチキャスト"
 
 msgid ""
 "IPv6 multicast address. Default is \"FF02::6D\", the manet-router linklocal "
 "multicast."
-msgstr ""
+msgstr "IPv6 マルチキャストアドレスを設定します。標準はMANETルーターが使用するリンクローカル・マルチキャストである\"FF02::6D\"です。"
+
+msgid ""
+"IPv6 network must be given in full notation, prefix must be in CIDR notation."
+msgstr "IPv6 ネットワークアドレスは省略せずに入力してください。プレフィクスはCIDR形式で入力してください。"
 
 msgid "IPv6 source"
-msgstr ""
+msgstr "IPv6 送信元"
 
 msgid ""
 "IPv6 src prefix. OLSRd will choose one of the interface IPs which matches "
 "the prefix of this parameter. Default is \"0::/0\", which triggers the usage "
 "of a not-linklocal interface IP."
 msgstr ""
+"IPv6送信元プレフィクスを設定します。OLSRdはインターフェースの中から、このプレフィクス値に一致するものを選択します。標準設定は\"0::/0\"であ"
+"り、リンクローカルIPでないインターフェースIPを使用します。"
 
 msgid "IPv6-Prefix of the uplink"
-msgstr ""
+msgstr "アップリンクIPv6 プレフィクス"
 
 msgid ""
 "If the route to the current gateway is to be changed, the ETX value of this "
@@ -190,119 +212,136 @@ msgid ""
 "if changed.<br /><b>WARNING:</b> This parameter should not be used together "
 "with the etx_ffeth metric!<br />Defaults to \"1.0\"."
 msgstr ""
+"現在のゲートウェイへの経路が変わる場合、このゲートウェイのETX値は新しい値と比較される前に、このパラメータの値と乗算されます。パラメータは0.1から1"
+".0の間で設定可能です。ただし、変更する場合、1.0に近い値を設定する事をお薦めします。<br "
+"/><b>警告:</b>このパラメータはetx_ffeth メトリックと同時に使用しないでください!<br />標準設定は\"1.0\"です。"
 
 msgid ""
 "If this Node uses NAT for connections to the internet. Default is \"yes\"."
-msgstr ""
+msgstr "このノードがNATを使用してインターネットに接続する場合、有効にしてください。標準設定は\"有効\"です。"
 
 msgid "Interface"
-msgstr ""
+msgstr "インターフェース"
 
 msgid ""
 "Interface Mode is used to prevent unnecessary packet forwarding on switched "
 "ethernet interfaces. valid Modes are \"mesh\" and \"ether\". Default is "
 "\"mesh\"."
 msgstr ""
+"インターフェースモードは、スイッチ上のイーサネットインターフェースに不必要なパケットの送信を抑制するために使用します。有効なモードは\"mesh\"及び\"e"
+"ther\"です。標準設定は\"mesh\"です。"
 
 msgid "Interfaces"
-msgstr ""
+msgstr "インターフェース"
 
 msgid "Interfaces Defaults"
-msgstr ""
+msgstr "インターフェース デフォルト設定"
 
 msgid "Internet protocol"
-msgstr ""
+msgstr "インターネットプロトコル"
 
 msgid ""
 "Interval to poll network interfaces for configuration changes (in seconds). "
 "Default is \"2.5\"."
-msgstr ""
+msgstr "ネットワーク・インターフェースの設定が変更されたかをチェックするポーリング間隔を秒単位で設定します。標準設定は\"2.5\"です。"
 
 msgid "Known OLSR routes"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR ルーティング"
 
 msgid "LQ aging"
-msgstr ""
+msgstr "LQ エイジング"
 
 msgid "LQ algorithm"
-msgstr ""
+msgstr "LQ アルゴリズム"
 
 msgid "LQ fisheye"
-msgstr ""
+msgstr "LQ fisheye"
 
 msgid "LQ level"
-msgstr ""
+msgstr "LQ レベル"
 
 msgid "Last hop"
-msgstr ""
+msgstr "最終ホップ"
 
 msgid "Legend"
-msgstr ""
+msgstr "凡例"
 
 msgid "Library"
-msgstr ""
+msgstr "ライブラリ"
 
 msgid "Link Quality Settings"
-msgstr ""
+msgstr "リンク品質 (LQ) 設定"
 
 msgid ""
 "Link quality aging factor (only for lq level 2). Tuning parameter for "
 "etx_float and etx_fpm, smaller values mean slower changes of ETX value. "
 "(allowed values are between 0.01 and 1.0)"
 msgstr ""
+"リンク品質 (LQ) のエイジング要素の設定を行います (LQ レベルが2の場合のみ有効)。etx_float及びetx_fpmの値の調整を行います。値"
+"が小さくなると、ETX値の変化が遅くなります。設定可能な値は0.01-1.0です。"
 
 msgid ""
 "Link quality algorithm (only for lq level 2).<br /><b>etx_float</b>: "
 "floating point ETX with exponential aging<br /><b>etx_fpm</b> : same as "
-"ext_float, but with integer arithmetic<br /><b>etx_ff</b> : ETX freifunk, an "
+"etx_float, but with integer arithmetic<br /><b>etx_ff</b> : ETX freifunk, an "
 "etx variant which use all OLSR traffic (instead of only hellos) for ETX "
 "calculation<br /><b>etx_ffeth</b>: incompatible variant of etx_ff that "
 "allows ethernet links with ETX 0.1.<br />Defaults to \"etx_ff\""
 msgstr ""
+"リンク品質 (LQ) アルゴリズムを設定します (LQ レベルが2の場合のみ有効)。<br /><b>etx_float</b>: "
+"浮動小数点演算+指数関数エイジング<br /><b>etx_fpm</b> : etx_floatと同様、ただし整数値演算を行います<br "
+"/><b>etx_ff</b> : ETX freifunk, "
+"ETXの変形版であり、ETX算出のためにHelloパケットだけでなく全てのOLSRトラフィックを使用します<br /><b>etx_ffeth</b>: "
+"etx_ffと互換性のない変形版です。イーサネットのリンクにETX 0.1を設定することができます<br />標準設定は\"etx_ff\"です。"
 
 msgid ""
 "Link quality level switch between hopcount and cost-based (mostly ETX) "
 "routing.<br /><b>0</b> = do not use link quality<br /><b>2</b> = use link "
 "quality for MPR selection and routing<br />Default is \"2\""
 msgstr ""
+"リンク品質(LQ) レベルの設定では、ホップ数ベースまたはコストベース(ETX) のどちらかにルーティング方法を切り替えます。<br "
+"/><b>0</b> = リンク品質を加味しない<br /><b>2</b> = MPR集合及びルーティングにリンク品質を加味する<br "
+"/>標準設定は\"2\"です。"
 
 msgid "LinkQuality Multiplicator"
-msgstr ""
+msgstr "リンク品質 (LQ) マルチプリケーター"
 
 msgid "Links per node (average)"
-msgstr ""
+msgstr "ノードあたりのリンク数 (平均)"
 
 msgid "Links total"
-msgstr ""
+msgstr "リンク数の合計"
 
 msgid "Local interface IP"
-msgstr ""
+msgstr "ローカルインターフェース IP"
 
 msgid "MID"
-msgstr ""
+msgstr "MID"
 
 msgid "MID interval"
-msgstr ""
+msgstr "MID 送信間隔"
 
 msgid "MID validity time"
-msgstr ""
+msgstr "MID 有効時間"
 
 msgid "MTU"
-msgstr ""
+msgstr "MTU"
 
 msgid "Main IP"
-msgstr ""
+msgstr "メインIP"
 
 msgid ""
 "Make sure that OLSRd is running, the \"txtinfo\" plugin is loaded, "
 "configured on port 2006 and accepts connections from \"127.0.0.1\"."
 msgstr ""
+"OLSRdが稼働中であること、\"txinfo\"プラグインがロードされていること、ポート2006番が設定されていること、\"127.0.0.1\"からの接続が"
+"許可されていることを確認してください。"
 
 msgid "Metric"
-msgstr ""
+msgstr "メトリック"
 
 msgid "Mode"
-msgstr ""
+msgstr "モード"
 
 msgid ""
 "Multiply routes with the factor given here. Allowed values are between 0.01 "
@@ -310,167 +349,175 @@ msgid ""
 ">reduce LQ to 192.168.0.1 by half: 192.168.0.1 0.5<br />reduce LQ to all "
 "nodes on this interface by 20%: default 0.8"
 msgstr ""
+"経路のLQと設定値の乗算を行います。設定可能な値は0.01-1です。この設定はLQ レベルが0以上の場合のみ設定可能です。<br "
+"/>例:192.168.0.1へのLQを半分にする場合: 192.168.0.1 0.5<br />このインターフェースから全てのノードへ対して20%"
+"減らす場合: default 0.8"
 
 msgid "NAT threshold"
-msgstr ""
+msgstr "NAT しきい値"
 
 msgid "Neighbors"
-msgstr ""
+msgstr "隣接ノード"
 
 msgid "Neighbour IP"
-msgstr ""
+msgstr "隣接ノード IP"
 
 msgid "Neighbours"
-msgstr ""
+msgstr "隣接ノード"
 
 msgid "Netmask"
-msgstr ""
+msgstr "ネットマスク"
 
 msgid "Network"
-msgstr ""
+msgstr "ネットワーク"
 
 msgid "Network address"
-msgstr ""
+msgstr "ネットワークアドレス"
 
 msgid "Nic changes poll interval"
-msgstr ""
+msgstr "NIC変更ポーリング間隔"
 
 msgid "Nodes"
-msgstr ""
+msgstr "ノード"
 
 msgid "OLSR"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR"
 
 msgid "OLSR - Display Options"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR - 表示オプション"
 
 msgid "OLSR - HNA-Announcements"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR - HNA (Host and Network Association) 通知"
 
 msgid "OLSR - Plugins"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR - プラグイン"
 
 msgid "OLSR Daemon"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR デーモン"
 
 msgid "OLSR Daemon - Interface"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR デーモン - インターフェース"
 
 msgid "OLSR connections"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR コネクション"
 
 msgid "OLSR gateway"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR ゲートウェイ"
 
 msgid "OLSR node"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR ノード"
 
 msgid "Overview"
-msgstr ""
+msgstr "概要"
 
 msgid "Overview of currently active OLSR host net announcements"
-msgstr ""
+msgstr "現在アクティブなOLSR HNA 一覧"
 
 msgid "Overview of currently established OLSR connections"
-msgstr ""
+msgstr "現在確立済のOLSR接続一覧"
 
 msgid "Overview of currently known OLSR nodes"
-msgstr ""
+msgstr "現在既知のOLSRノードの一覧"
 
 msgid "Overview of currently known routes to other OLSR nodes"
-msgstr ""
+msgstr "現在のその他のOLSRノードへの経路一覧"
 
 msgid "Overview of interfaces where OLSR is running"
-msgstr ""
+msgstr "OLSR稼働中のインターフェース一覧"
 
 msgid "Overview of known multiple interface announcements"
-msgstr ""
+msgstr "通知されているマルチ・インターフェースの一覧"
 
 msgid "Overview of smart gateways in this network"
-msgstr ""
+msgstr "ネットワーク内のスマート・ゲートウェイ一覧"
 
 msgid "Plugin configuration"
-msgstr ""
+msgstr "プラグイン設定"
 
 msgid "Plugins"
-msgstr ""
+msgstr "プラグイン"
 
 msgid "Polling rate for OLSR sockets in seconds. Default is 0.05."
-msgstr ""
+msgstr "OLSRソケットのポーリング間隔を秒単位で設定します。標準は0.05です。"
 
 msgid "Pollrate"
-msgstr ""
+msgstr "ポーリング間隔"
 
 msgid "Port"
-msgstr ""
+msgstr "ポート"
 
 msgid "Prefix"
-msgstr ""
+msgstr "プレフィックス"
 
 msgid "Resolve"
-msgstr ""
+msgstr "名前解決"
 
 msgid ""
 "Resolve hostnames on status pages. It is generally safe to allow this, but "
 "if you use public IPs and have unstable DNS-Setup then those pages will load "
 "really slow. In this case disable it here."
 msgstr ""
+"ステータス・ページでホスト名の名前解決を行います。一般的には本機能を使用しても問題が起こることはありませんが、もしあなたがパブリックIPや不安定なDNS"
+"設定を使用している場合、ページの読み込み速度が極端に遅くなります。その場合はこの機能を無効にしてください。"
 
 msgid "Routes"
-msgstr ""
+msgstr "経路"
 
 msgid "Secondary OLSR interfaces"
-msgstr ""
+msgstr "セカンダリOLSR インターフェース"
 
 msgid ""
 "Sets the main IP (originator ip) of the router. This IP will NEVER change "
 "during the uptime of olsrd. Default is 0.0.0.0, which triggers usage of the "
 "IP of the first interface."
 msgstr ""
+"ルーターのメインIP (発信元IP)を設定してください。このIPは、OLSRdの稼働中は決して変更しません。標準設定は0.0.0.0であり、プライマリ・"
+"インターフェースのIPを自動的に使用します。"
 
 msgid "SmartGW"
-msgstr ""
+msgstr "SmartGW"
 
 msgid "SmartGW announcements"
-msgstr ""
+msgstr "SmartGW 通知"
 
 msgid "SmartGateway is not configured on this system."
-msgstr ""
+msgstr "スマート・ゲートウェイ(SmartGW)は設定されていません。"
 
 msgid "Source address"
-msgstr ""
+msgstr "送信元アドレス"
 
 msgid ""
 "Specifies the speed of the uplink in kilobits/s. First parameter is "
 "upstream, second parameter is downstream. Default is \"128 1024\"."
 msgstr ""
+"アップリンク速度をキロビット/秒で設定してください。1つ目のパラメータは上り、2つ目のパラメータは下りのストリームです。標準は\"128 1024\"です。"
 
 msgid "Speed of the uplink"
-msgstr ""
+msgstr "アップリンク速度"
 
 msgid "State"
-msgstr ""
+msgstr "状態"
 
 msgid "Status"
-msgstr ""
+msgstr "ステータス"
 
 msgid "Success rate of packages received from the neighbour"
-msgstr ""
+msgstr "隣接ノードから受信したパケットの受信成功率"
 
 msgid "Success rate of packages sent to the neighbour"
-msgstr ""
+msgstr "隣接ノードへ送信したパケットの送信成功率"
 
 msgid "TC"
-msgstr ""
+msgstr "TC"
 
 msgid "TC interval"
-msgstr ""
+msgstr "TC 送信間隔"
 
 msgid "TC validity time"
-msgstr ""
+msgstr "TC 有効時間"
 
 msgid "TOS value"
-msgstr ""
+msgstr "TOS値"
 
 msgid ""
 "The OLSR daemon is an implementation of the Optimized Link State Routing "
@@ -479,19 +526,25 @@ msgid ""
 "device. Visit <a href='http://www.olsr.org'>olsrd.org</a> for help and "
 "documentation."
 msgstr ""
+"OLSRデーモンは、Optimized Link State Routingプロコトルを実装したサービスです。OLSRはどのようなネットワーク環境でもメ"
+"ッシュルーティングを実現します。OLSRはアドホック・モードをサポートした全ての無線LANカードをサポートし、もちろん全てのイーサネットデバイスでも使用"
+"可能です。<a "
+"href='http://www.olsr.org'>olsrd.org</a>にアクセスして、ヘルプ及びドキュメントを参照してください。"
 
 msgid ""
 "The fixed willingness to use. If not set willingness will be calculated "
 "dynamically based on battery/power status. Default is \"3\"."
 msgstr ""
+"willingnessを固定する場合に使用します。willingnessが設定されていない場合、バッテリや電源のステータスによって動的に計算されます。標"
+"準は\"3\"です。"
 
 msgid "The interface OLSRd should serve."
-msgstr ""
+msgstr "OLSRdが使用するインターフェースです。"
 
 msgid ""
 "The port OLSR uses. This should usually stay at the IANA assigned port 698. "
 "It can have a value between 1 and 65535."
-msgstr ""
+msgstr "OLSRが使用するポート番号です。通常、このポート番号はIANAがアサインした698番であるべきです。1-65535の間で設定可能です。"
 
 msgid ""
 "This can be used to signal the external IPv6 prefix of the uplink to the "
@@ -501,41 +554,43 @@ msgid ""
 msgstr ""
 
 msgid "Timing and Validity"
-msgstr ""
+msgstr "送信間隔及び有効時間"
 
 msgid "Topology"
-msgstr ""
+msgstr "トポロジー"
 
 msgid ""
 "Type of service value for the IP header of control traffic. Default is "
 "\"16\"."
-msgstr ""
+msgstr "OLSRコントロールパケットにおける、IPヘッダのTOS (Type Of Service) 値を設定します。標準設定は\"16\"です。"
 
 msgid "Unable to connect to the OLSR daemon!"
-msgstr ""
+msgstr "OLSRデーモンに接続できません!"
 
 msgid "Uplink"
-msgstr ""
+msgstr "アップリンク"
 
 msgid "Uplink uses NAT"
-msgstr ""
+msgstr "NATを使用して上位ネットワークに接続する"
 
 msgid "Use hysteresis"
-msgstr ""
+msgstr "ヒステリシスを使用する"
 
 msgid "Version"
-msgstr ""
+msgstr "バージョン"
 
 msgid "WLAN"
-msgstr ""
+msgstr "WLAN"
 
 msgid ""
 "Warning: kmod-ipip is not installed. Without kmod-ipip SmartGateway will not "
 "work, please install it."
 msgstr ""
+"警告: kmod-ipipがインストールされていません。スマートゲートウェイはkmod-"
+"ipipなしでは動作しません。まず初めにインストールを行なってください。"
 
 msgid "Weight"
-msgstr ""
+msgstr "Weight"
 
 msgid ""
 "When multiple links exist between hosts the weight of interface is used to "
@@ -546,12 +601,18 @@ msgid ""
 "0. For any other value of LinkQualityLevel, the interface ETX value is used "
 "instead."
 msgstr ""
+"ホスト間において複数の経路が存在する場合に、どちらのリンクを使用するかの決定を行うために、インターフェースの重み付けを行います。通常、weightはイン"
+"ターフェースの特性を基に、OLSRdが自動的に計算を行いますが、固定値を設定することも可能です。OLSRdは最も低い値のリンクを選択します。<br "
+"/><b>注意:</b>インターフェースの重み付けは、LQ レベルが0の場合のみ、設定可能です。LQ レベルが0以外の値の場合、インターフェース "
+"ETX値が代わりに使用されます。"
 
 msgid ""
 "Which kind of uplink is exported to the other mesh nodes. An uplink is "
 "detected by looking for a local HNA of 0.0.0.0/0, ::ffff:0:0/96 or 2000::/3. "
 "Default setting is \"both\"."
 msgstr ""
+"どのアップリンクを他のメッシュノードへ通知するかを設定します。アップリンクはローカルのHNAである0.0.0.0/0、::ffff:0:0/96、200"
+"0::/3を探索することで検出します。標準設定は、\"both\"です。"
 
 msgid "Willingness"
-msgstr ""
+msgstr "Willingness"